『このラーメンは、薬ね』
この言葉が何よりも心に刺さりました。

1人の地元レイヤーさん(アニメ中心のイベントなので。レイヤーとはコスプレイヤーさんの意)が、お母さんを連れて来店。
そのお母さんは「麺は極力少なめにしてね。食べきれないから。」と注文時にお願いされた。
もう、イベント最中は、日の出から日の入りまで大量ハエとメンバー全員で戦い、食事も取れない状況でも集中力を欠く事は出来ない。
だから、お客様の顔を見れるのは、ほんの僅かな時間しかなかった。
でも、みな一様に知っている日本語を駆使しながら「おいしい」「ありがとございました」などと笑顔で伝えてくれていた。

最終日、全てのラーメンを提供し終えて、店舗向かいのベンチで休憩している時のこと。
そのレイヤーのお母さん、イスラム教のムスリマらしくヒジャブ(黒い布を頭からかぶる格好)を纏っていて淑やかな女性でした。
ふと、僕らの方へ歩み寄り、声をかけてくれました。
僕自身、英語のヒヤリングが出来ていないので、何かクレームかなと、内心ヒヤヒヤしていたのですが、最後に伝えてくれた言葉が『Medicine』でした。
なんだろう。

「肩の荷がおりた」
という表現が1番近いようにも思えるけど、言葉には表せない感覚を体に感じた事は鮮明に覚えています。
厨房に立ってしまうと、どうにも出て来てしまう職人気質で、周囲の人に少し嫌な気分にさせてしまった事もありましたが、お許し下さいませ。

言葉に不自由したので、これから更に勉強しなければならないですが、1つ言える事もがあります。
『言葉の壁があっても美味しい料理を本気で作れば笑顔に出来る。国や宗教なども超越して。』
それを体感する事が出来ました。
料理人は、誇り高き職業です。
そして、日本のラーメンは、世界に誇る料理であるという事。
今回の機会を与えて下さった皆様に、心から感謝しております。
ありがとうございました。
わっしょい*\(^o^)/*

麺や七彩 阪田



麺や七彩アブダビイベント動画










麺や七彩アブダビイベント風景(写真をクリックすると拡大します)
麺や七彩アブダビイベント出店
麺や七彩アブダビイベント出店
麺や七彩アブダビイベント出店 麺や七彩アブダビイベント出店
麺や七彩アブダビイベント出店
麺や七彩アブダビイベント出店
麺や七彩アブダビイベント出店 麺や七彩アブダビイベント出店
麺や七彩アブダビイベント出店
麺や七彩アブダビイベント出店
麺や七彩アブダビイベント出店 麺や七彩アブダビイベント出店
麺や七彩アブダビイベント出店
麺や七彩アブダビイベント出店
麺や七彩アブダビイベント出店 麺や七彩アブダビイベント出店
麺や七彩アブダビイベント出店
麺や七彩アブダビイベント出店
麺や七彩アブダビイベント出店 麺や七彩アブダビイベント出店

商品一覧

該当商品はありません

麺や七彩 店主

阪田博昭

「Mr.食材ヲタク」の阪田です。

無化調ラーメンにこだわり、8年以上にわたり根強いファンに支持され続けている『麺や七彩』。
日本の国民食に成長した「ラーメン」を、食材・調味料・調理法などのあらゆる角度から分析できます。
素材が潜在的に持つ力とその利用価値、先人の知恵を取り入れる術など、独自に研究したノウハウを惜しみなく公開していきます。

店長日記はこちら >>

下記にメールアドレスを入力し登録ボタンを押して下さい。

変更・解除・お知らせはこちら

カレンダー
  • 今日
  • 定休日

※発送業務は水曜日定休となります。

麺や七彩煮干醤油らーめん 

ページトップへ